無料 出会い


2010年11月25日

霊能力者 小田霧響子の嘘について

ほぼ毎回観ているドラマだ。
最初は、オダキョーの憑依の芝居、解決の仕方の陳腐さを感じたが、何話か観ているうちに好感が持てるようになった。
毎度、他のエセ霊能力者と対決することになるオダキョー。こちらもエセ能力者だ。
偽者VS偽者の化かし合い。
しかし、オダキョーは調査と推理によって相手の嘘を見破る。

普通なら、相手の嘘を明らかにしてやり込め、勝負を決める展開だろう。
だが、そうしないのが彼女のいいところだ。
陳腐だが憑依を演じることで、相手の嘘を悪霊の仕業としてでっち上げる。
悪いのは全て悪霊だ(笑
よって、自分も傷つかず、相手も傷つかない結末へと導かれる。

ま、出来すぎた展開だし、色々とツッコミ所の多いストーリーだが、とても後味が良いドラマであるのは間違いない。

霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス) [コミック] / 甲斐谷 忍 (著)...
posted by アラクレ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。