無料 出会い


2010年11月25日

霊能力者 小田霧響子の嘘について

ほぼ毎回観ているドラマだ。
最初は、オダキョーの憑依の芝居、解決の仕方の陳腐さを感じたが、何話か観ているうちに好感が持てるようになった。
毎度、他のエセ霊能力者と対決することになるオダキョー。こちらもエセ能力者だ。
偽者VS偽者の化かし合い。
しかし、オダキョーは調査と推理によって相手の嘘を見破る。

普通なら、相手の嘘を明らかにしてやり込め、勝負を決める展開だろう。
だが、そうしないのが彼女のいいところだ。
陳腐だが憑依を演じることで、相手の嘘を悪霊の仕業としてでっち上げる。
悪いのは全て悪霊だ(笑
よって、自分も傷つかず、相手も傷つかない結末へと導かれる。

ま、出来すぎた展開だし、色々とツッコミ所の多いストーリーだが、とても後味が良いドラマであるのは間違いない。

霊能力者小田霧響子の嘘 1 (ヤングジャンプコミックス) [コミック] / 甲斐谷 忍 (著)...
posted by アラクレ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

SPEC 第1話を観た

ケイゾクの続編…?と思いきや、別物な気もする。
ケイゾクに出ていた野々村も登場しているが、同一人物なのだろうか。
カキピーを持っているし、ケイゾクの野々村と同一な気もしないではないが…。

捜査一課弐係と公安部公安第五課 未詳事件特別対策係。
警視庁内部でも隅に追いやられたような扱いと、コンクリート壁の殺風景な部屋には共通する面も多い。
今回は大量の「迷宮入り事件」のファイルが無いせいか、部屋が広くなったような気もするし、全く別の場所って気もする。

今回扱う事件は、人間の秘められたスペック≒超能力によるものらしい。
超能力関係大好物なので、ワクワクしてるんだけど。
初回の犯人、上川隆也の能力もなかなかスゴイ。あんな超人的な動きが出来たら政治家より別のもの目指す気がするけどね。けど、「我々」って言ってたし、組織的な計画があるのかもしれない。
怪しい人物はかなりいるが、重要そうなのは椎名桔平か。

戸田恵梨香も、今回はかなりがんばっている。
今まではキレイでカワイイ役が多かったけど、今回の当麻はケイゾクの柴田純以上のキワモノw
鼻までほじったのには正直笑ってしまったが、同時に役者魂を感じてグッときた。
男の俺でさえ、人前で大それと鼻ほじれないぜw

堤幸彦ドラマだけあって、奇妙な雰囲気と、ナンセンスなハイセンス。
期待の新ドラマだ。


ケイゾク DVDコンプリートBOX

ケイゾク DVDコンプリートBOX

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD








NOTE 戸田恵梨香 [DVD]

NOTE 戸田恵梨香 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD



posted by アラクレ at 19:47| Comment(10) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

逃亡弁護士 第4話を観た

逃亡弁護士は2話目から観たが、はまった。
無実の罪を着せられ、その疑いを晴らすために逃亡しながら事件の真相に迫る話に、俺は燃える。
俺が一番嫌いなことは濡れ衣を着せられることと言っても過言ではないからだ。
もし、殺人とか痴漢をやってないのにやった事にされたら、俺はひどく落ち込み、ひどくぶちギレるだろう。おそらく人殺しをしかねないぐらいぶちギレる自信がある。

主人公の成田は冷静に自分の無実を証明するため、逃亡しながらも真相を追う。身分や素性を偽ってさまざまな所で働いたり、潜入したりと、かなりリスクを背負っているが、諦めない姿には感銘を受ける。
しかも、そこで困っている人がいたら「弁護士」として出来る限りの助けをせずにはいられない。
お人好しにもほどがあるが、応援したくなる。

そして上地雄輔は演技がうまい。おバカと言われる彼だが、演技に関してはかなり天才的なのではないだろうか。うーん、言い過ぎか?
石原さとみは髪型のせいか、今までで一番かわいい気がするのだが。

次回は真犯人(?)が登場して成田の無実が少しずつ明らかになりそうな予感・・・。しかしまだ物語中盤。何が起こるかわからん。
注目したいドラマだ。


逃亡弁護士成田誠 1 (ヤングサンデーコミックス)

逃亡弁護士成田誠 1 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 高田 優
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/09/05
  • メディア: コミック




逃亡弁護士成田誠 2 (ヤングサンデーコミックス)

逃亡弁護士成田誠 2 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 高田 優
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/12/05
  • メディア: コミック




上地雄輔in『逃亡弁護士』オフィシャルフォトブック

上地雄輔in『逃亡弁護士』オフィシャルフォトブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2010/08/18
  • メディア: ムック



posted by アラクレ at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーカー 許されざる捜査官 第3話を観た

1話から観ているが、なかなかいい感じだ。
1〜2話までは、法を逃れた犯人は殺されているんだろうと思っていた。船のシーンが意味深だったが、どこかで止めを刺されているんだろうと予想した。
しかし、3話で殺していないことが分かる。
犯人には隔離された場所で無期懲役刑が与えられていたらしい。

この発想はすばらしい。
生きながらの苦しみこそ、最大の苦しみだと思うからだ。
死ぬのは怖いし、正直死にたくないが、死んでしまった後はきっと楽なのではないだろうか。悩むことも無く、痛みも無く、毎日に追われることも無い(たぶん)。

死刑の醍醐味は、実際に死ぬことよりも、死ぬまでの期間を牢屋で生きる部分にあると思う。死刑になった瞬間に刑が執行されるより、いつ執行日が来るのかという不安な気持ちに苛まれる部分が大事だ。
だが、無期懲役が解放される可能性のない、完全なる無期懲役であるなら、それは死刑よりも重い裁きだと思う。
自らの寿命で死が訪れるまで、特に娯楽も無く、自由も無く管理された場所で生きるなんて、考えただけでぞっとする。

伊達が行っている裁きは最上級の裁きだ。
「明日は来ない」と彼に言われないように気をつけよう。


捜査官

捜査官

  • 作者: 末浦 広海
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/25
  • メディア: 単行本




令嬢捜査官洗脳計画 抗えぬ美態調教 (二次元ドリームノベルズ 311)

令嬢捜査官洗脳計画 抗えぬ美態調教 (二次元ドリームノベルズ 311)

  • 作者: 上田ながの
  • 出版社/メーカー: キルタイムコミュニケーション
  • 発売日: 2010/06/18
  • メディア: 新書




警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)

警視庁心理捜査官 上 (徳間文庫)

  • 作者: 黒崎 視音
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2004/02/05
  • メディア: 文庫



posted by アラクレ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

タンブリング 第2話を観た

http://www.tbs.co.jp/tumbling/
超面白ぇ!
不良とスポ根。ルーキーズみたいだが(笑

とりあえず、こういうの好きだ。
不良も部活も、青春って感じでいい。

つーか、主要メンバーの苗字に日月火水木金土が付いてるが、こいつらが最終的には揃うってことなのか?
しかし、主役の二人にはこれらの共通点がない。竹中と東。

ミステリーだったら、こいつらが順番に殺されていくパターンだがw
まぁそれは無いとして。

このドラマ、俺にとっては結構意外な「おっ?」と思うことが多かった。
クールすぎる国仲涼子っていうのも珍しい。
意外にAKIRAの演技が悪くないw
山本裕典の赤い髪も意外に似合ってる。久しぶりに赤い髪の人を見たがw

色々と注目したいドラマだと思った。



新体操エクササイズ

新体操エクササイズ

  • 作者: 加茂 佳子
  • 出版社/メーカー: 不昧堂出版
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本




風のように舞う―新体操の美に魅せられて

風のように舞う―新体操の美に魅せられて

  • 作者: 藤島 八重子
  • 出版社/メーカー: はるか書房
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本




新体操はスポーツか芸術か

新体操はスポーツか芸術か

  • 作者: 渡部 愛都子
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎ルネッサンス
  • 発売日: 2009/03/05
  • メディア: 単行本




新体操(真)(上) (ハーヴェストノヴェルズ)

新体操(真)(上) (ハーヴェストノヴェルズ)

  • 作者: 深町薫
  • 出版社/メーカー: ハーヴェスト出版
  • 発売日: 2005/04/01
  • メディア: 新書



posted by アラクレ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

STEEL BALL RUN 20巻を読んだ

大統領が全ての遺体を手にし、D4Cが更なる段階へ進化した。
空間を自由に行き来できる(?)ようになった大統領は、もはや無敵状態!

正直、俺自身、完全に理解ッしているのかどうかよく分からない。
大統領の進化した能力についてや、起こった不可解な現象についてなどなど。。。
多分、空間の隙間を自在に作れて、その隙間を移動できる能力なんだとは思うんだけど。しかも、大統領への攻撃はどこか別の世界の不幸を背負い込む誰かに転嫁される。。。(スゴイ恐ろしい能力だ)

STEEL BALL RUNは何度も読まないと理解不能ッなこともしばしば・・・(汗
もう少し読者に優しい配慮をしてくれてもいいような気もするんだが。
ストーンオーシャン辺りから読解力(?)が必要な場合が多いので。

とりあえず敵が最強で絶体絶命ってことは分かったw
そして、ジョニィはもう無理だと諦めたが、ジャイロが万に一つの勝機を見つける・・・。

おそらく次巻か、長くても次々巻では完結しそうな雰囲気だ。

余談だが、今回の巻頭の荒木飛呂彦のコメントが面白い。
奥さんとのやり取り(と思われる)が、目に浮かんだw



STEEL BALL RUN vol.20―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (20) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.20―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (20) (ジャンプコミックス)

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/03/04
  • メディア: コミック




STEEL BALL RUN vol.19―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (19) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.19―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (19) (ジャンプコミックス)

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: コミック




ジョジョの奇妙な冒険PART4 全12巻セット

ジョジョの奇妙な冒険PART4 全12巻セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 文庫











posted by アラクレ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ハンター×ハンター27巻を読んだ

やっぱハンターハンターは面白い。
モラウVSプフの心理戦、王VSネテロ、ユピーVSナックル達・・・と今回は内容盛り沢山な一冊だった。

ハンターハンターの戦闘は単なるドンパチではなく、戦闘中に葛藤したり作戦を練ったり・・・とただの力VS力になっていないところが奥深さを出していて良い。

ジョジョが奇抜な手やどんでん返しの連続で話を進めていくタイプとすると、ハンターハンターは囲碁や将棋のように、この手を出したら相手がその上の手を出し・・・と着実に敵側を追い詰めていくように物語を進めていくタイプだ。

どちらも超自然的な力を題材にする物語で、似ている部分もあるのだが、進行のアプローチはやや異なると思う。
やはり作者の個性が出るところだろう。荒木は悪戯心はあるが真っ直ぐな性格で、冨樫はややひねくれ者な気がするw

今回、特に気になったのはキルアの技だ。神速(カンムル)。
あのユピーが手も足も出ないってことは、かなりスゴイぞ。
カンムルを使ったらビスケと互角くらいには戦えるんじゃないだろうか?と思った。
充電が切れるまでなので時間制限がある・・・というのがまたイイね。
完全無欠の最強の技はなく、短所をどれだけ補いながら長所を活かせるか・・・という駆け引きがたまらない。

キルアは残像を残す技術を持っているので、七人の残像を使って雷の矢を放つ「七獄暗黒雷光破」を編み出すと思っていたのだが(笑)、電気で神経を刺激する方向に進化するとはね〜。
考えもつかなかったぜ。

とはいえ、ストーリーは若干詰まってきてるのでは?
なぜなら、王の強さが異常!
ネテロが互角程度に戦えなかったら、これから誰が倒すんだ??
ゴンやキルアが倒してしまったら、ちょっと萎えるかも。
もう、蟻用殺虫剤を作るしか手が無くね??w

あとはシズクやノヴみたいな能力で異空間に吸い込んだり閉じ込めたり・・・か。しかしボスの倒し方としては、スッキリしない倒し方だよなぁ。

冨樫さん、どうするんですか?w



HUNTER×HUNTER NO.27 (ジャンプコミックス)

HUNTER×HUNTER NO.27 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/12/25
  • メディア: コミック




ハンター×ハンター (NO.26) (ジャンプ・コミックス)

ハンター×ハンター (NO.26) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/10/03
  • メディア: コミック




ハンター×ハンター (No.22) (ジャンプ・コミックス)

ハンター×ハンター (No.22) (ジャンプ・コミックス)

  • 作者: 冨樫 義博
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/07/04
  • メディア: コミック




ハンター×ハンター(1) [DVD]

ハンター×ハンター(1) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD







posted by アラクレ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

サムライハイスクール 最終話を見た

ほぼ毎回みていたドラマだ。
昔から二重人格モノが好きなので、見てしまった。
けど、昔と違うのは「子供だましだな」と思ってしまう自分がいることだ。

サムライバージョンの小太郎の活躍はカッコイイし面白いのだが、謎解きの無い「銀狼怪奇ファイル」に「ごくせん」風味にした物語だと思った。
「銀狼」のように人格が交代し、最後は「ごくせん」のごとき暴力大立ち回りで解決(笑)する。

結局は侍はどうなるのか、乗り移られた小太郎はどうなるのかが気になって最終回まで見てしまったわけだけど。
色々とツッコミつつも楽しく見ましたとさ、めでたしめでたしw

・・・なわけで候。

しかし、ドラマに限らず、普段は目立たない落ちこぼれがいざという時に本領を発揮するというパターンは、マンガなどでも昔から持て囃される。
ちなみに、ドラえもんの映画版などもそのパターンだ。
おそらく少年や青年が大人の男へと成長する過程とリンクするからだろう。
少年から大人になるのは、一気に変身するようにはいかない。普段は未熟な子供でありながら、大人の顔が時々覗くようになる・・・その繰り返しを経て完全な大人になっていく。

強いて言えば、子供から大人へのモラトリアム期間。
誰もが通り、誰もが思い悩む時代を物語に埋め込むことで共感を生み、人気に繋げようと言う策略だ。
特に少年達は物語の主人公に自分を重ね合わせ、自分の中にある「大人の顔」を意識することもあるだろう。

そういう意味で、大人になる途中にこういう物語に出会う事は必要で、定期的に産まれるのは必然と言えるのかもしれない。

大人になるのが果たしていい事なのか・・・・それは分からないけど(笑)

大人になると社会にある様々なことが「子供だまし」や「策略」に感じたりするんだからw

・・・・え?それは俺がヒネクレてるだけだって?
そうかもなw



侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦(特別限定版) [DVD]

侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦(特別限定版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD




七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray




サムライプリンセス~外道姫~ [DVD]

サムライプリンセス~外道姫~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: エースデュース
  • メディア: DVD



posted by アラクレ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

ワンピース 55巻を読んだ

エースを救出に大監獄インペルダウンに潜入したルフィ。
様々な困難が降りかかり、ついに死の危険が迫った。

だが奇跡の人と奇跡的な出会いを果たし、奇跡的な回復を見せる。

つーか、ワンピースはこれでもかって位にヘンテコなキャラが登場するよなwww
特に今回登場のイワさんはその中でも異色中の異色な気がする。。。
これだけ個性的なキャラが続々と登場し、更に作品にうまく溶け込んでしまうのは素晴らしいと思う。
尾田栄一郎も奇跡の人かもしれんw

キャラクターもそうだが、悪魔の実の能力もまた変なのが登場。
イワさんのホルホル能力はかなりヤバイ。
いきなり性転換させられたら精神的ショックはでかいだろ。
そこへデスウィンクの力で吹き飛ばされたら即死かもしれないw

けど、性転換してしまう描写にはデジャブを感じた。
井上雄彦の「カメレオンジェイル」だ。
あれはホルモンとかは関係なく、チャクラによる精神エネルギーの力だった気がするが・・・。

物語も凄まじい展開になって、この後が想像つかん。。。
レベル6まで辿り着いたルフィはクロコダイル、ジンベエを解放して最強の戦力を味方につけてしまった。

最初は村や町の悪を、そして国を、、、と進んできてロビン救出から世界を敵に回してしまったルフィは、もう行くトコまで行くんだろう。

飛ばされたルフィの仲間達のその後も気になるところ。
個人的にゾロがペローナとの間にガキを作っていることに期待(゚ー゚)ニヤリ

つーか、56巻が昨日発売してたとは!

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 巻56 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 尾田 栄一郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: コミック




ONE PIECE 巻55 (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 巻55 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 尾田 栄一郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: コミック




カメレオンジェイル (JUMP SUPER ACE)

カメレオンジェイル (JUMP SUPER ACE)

  • 作者: 井上 雄彦
  • 出版社/メーカー: 創美社
  • 発売日: 2004/11/19
  • メディア: コミック



posted by アラクレ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

リアル・クローズ 第7話を観た。

今回は面白いドラマが目白押しだが、その中でも見逃せないドラマの一つが「リアル・クローズ」だ。

オシャレに興味のある俺としては楽しいテーマだし、モデル出身(今でも?)な女優達が毎回キレイに着飾っているので、目で見て楽しい。

香里奈や加藤夏希はもちろんだが、黒木瞳が49歳であの美しさとは・・・異常としか言いようが無いw

オシャレに無頓着だった女性がアパレル販売員として成長していく姿が描かれる物語も良い。
1話ではあんなにダサかった絹恵が、ここまで大変身を遂げるとは・・・。

7話ではヤングカジュアル売場を任せられた絹江が、契約社員でそれをコンプレックスにしている小西と揉める。
だが、同じ契約社員の凌が叱咤激励して何かに目覚める小西。
女同士の友情って、結構アツイのかな?
実際はどうなんだろ?w

小西が神保部長に直接プレゼンしたシーンは、神保部長の雰囲気に圧倒されていた小西が、思い切って思いをぶつけたのが印象的で感動した。

しかし、来週からはまた一波乱ありそうな感じなので目が離せない!


Real Clothes 8 (クイーンズコミックス)

Real Clothes 8 (クイーンズコミックス)

  • 作者: 槙村 さとる
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/10/02
  • メディア: コミック




Real Clothes 1 (クイーンズコミックス)

Real Clothes 1 (クイーンズコミックス)

  • 作者: 槇村 さとる
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/05/18
  • メディア: コミック




スタイル・ノート

スタイル・ノート

  • 作者: 槇村 さとる
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本



posted by アラクレ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16ブロックを観た!

たった16ブロック(約1.6km)先の裁判所まで囚人を護送する簡単な仕事・・・のハズが騒動に巻き込まれてしまう、ダイハード以上にツイてないアル中刑事のジャック。
囚人のエディは警察の悪事の証人でもあったため、ジャックとエディは警察に命を狙われることになったのだった・・・。

よくある陽気な黒人と気難しい白人のバディモノだ。
コメディやスピーディーなアクションならバッチリな組み合わせだが、本作はシリアスタッチなので、やや不釣合いな印象も受けた。

黒人と白人の会話がもっとあれば楽しいのだが、本作はジャックが無口なので囚人のエディが一方的に喋っている印象だった。
最初はちょっとうるさいなぁ・・・と思った。

だが、ジャックが喋らない分のスペースを埋めているとも考えられる。
また話が進むにつれて、エディが他の雰囲気から浮いている「異物感」がこの物語ともマッチしているような気さえしてくる。
警察の悪事の証人でもあるエディは、警察側からすれば「異物」であり、排除すべき存在だからだ。

本来ならジャックは悪事の共犯者でもあるので、エディを口封じする側に回ってもおかしくないのだが、落ちぶれ感たっぷりで後悔の闇に生きるジャックだからこその決断だったと感じた。

人生の最後くらい正義に生きたいと思ったのかもしれない。
おそらく刑事になった最初の頃は持ち合わせていただろう正義の心が、エディの無邪気に語る夢や「人は変われるんだ」というメッセージで呼び起こされたのだろうか。
まさに行間を読まないと分からない部分だ。解釈は人それぞれだろう。

ハッピーエンドで後味の良い終わり方だったので、とても良かった。
友人に囲まれながらジャックが見せる穏やかな表情は、落ちぶれて酒浸りになっていた頃の彼とは全く違っていた。

DVDではもう一つのエンディングが収録されているらしく、ネットで内容を調べてみたのだが、こちらは後味が良くない。放映されたバージョンで正解だ。
参考:http://mysterytuusinn.seesaa.net/article/133651113.html

ちなみに、エディが出した「なぞなぞ(心理テスト)」。
すごい嵐の日、土砂降りの中で自分は車を走らせている。
竜巻はすぐそこに迫っている!
だが、そこにバス停で待つ3人を見つける。
一人は大親友。一人はおばあさん。一人はメチャクチャ好みの女性。
車は二人乗りだ。
街までは車でなければ、とうてい行けない距離だ。
どうする?(こんな感じの問題)

ジャックがクライマックスで出した答えは、なかなかロマンチックで良いと思った。
けど、犠牲が出てしまう点が難点かな。

俺なら、美女を膝の上に乗せて親友を助手席へ。親友はおばあさんを膝の上に乗せるw
親友がオードリー春日並の熟女好きであることを切に願うw

だろ?w


16ブロック [DVD]

16ブロック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD




16ブロック [Blu-ray]

16ブロック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




ダイ・ハード [Blu-ray]

ダイ・ハード [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray




ダイ・ハード4.0 [DVD]

ダイ・ハード4.0 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD




ダイ・ハード2 [Blu-ray]

ダイ・ハード2 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



ダイハードの頃から比べると、16ブロックのブルース・ウィリスはすごい老けた感じがしたなぁ。

あと、エディが「運命の兆し」の話をするんだが、俺も似たようなことをやっているので驚いた。
特に、時計の数字から占う「数字占い」とか。俺もやってるし!
元々、占いってのは亀の甲羅の割れ具合とか、偶然出たカードによって現在の運勢を占うものだ。
これは、運勢に関する「お告げ」は何気ない瞬間に表れているという発想による。
試験を受ける際の受験番号とか、何気なく見た時計の数字とかが、333とか555等ゾロ目だとうまくいく兆し・・・と俺は勝手に思っている。
逆に悪い兆しと感じるのは、4時27分とかだw

そういう意味でも、この映画には何かを感じた。
この映画を観たのは、俺にとってどんな兆しだ?


コワイほど当たる!誕生日占い―現世・前世・未来が10秒でわかる! (マキノ出版ムック)

コワイほど当たる!誕生日占い―現世・前世・未来が10秒でわかる! (マキノ出版ムック)

  • 作者: はづき 虹映
  • 出版社/メーカー: マキノ出版
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 大型本




占いで副業月10万円―年収5千万円を稼ぐ秘策

占いで副業月10万円―年収5千万円を稼ぐ秘策

  • 作者: 小野 十傳
  • 出版社/メーカー: 生活文化出版
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本




自分まるわかりの動物占い5 (小学館文庫)

自分まるわかりの動物占い5 (小学館文庫)

  • 作者: 動物占い5アニマルプロジェク
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/02/16
  • メディア: 文庫




ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン

ラーニング・ザ・タロット―タロット・マスターになるための18のレッスン

  • 作者: ジョアン・バニング
  • 出版社/メーカー: 駒草出版
  • 発売日: 2007/08/07
  • メディア: 単行本




タロット・リーディング

タロット・リーディング

  • 作者: 藤森 緑
  • 出版社/メーカー: 魔女の家BOOKS
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 単行本



posted by アラクレ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

交渉人 第4話を観た

交渉人は第1シーズンから観ているが、第2シーズンもまた面白い。

第1シーズンは宇佐木が内部で除け者にされていたりして、事件と組織両面で重苦しい雰囲気だったが、今回は宇佐木も組織の一員として認められており、事件解決に重点が置かれたスピーディーかつエキサイティングな展開が楽しめて良い。

事件も愉快犯的に凶器を送りつける謎の人物「サマークロース」を軸に、また次も観たくなる仕掛けになっている所がにくい。

個人的に米倉涼子の宇佐木玲子は当たり役というか、今までの米倉の中で一番カッコ良くて美しく見える役だと思う。
モンスターペアレントの時もなかなか良かったけど。

米倉涼子の目には独特の怪しい輝きがあると俺は思うので、明るい役や素直な役などには向いていない気がする。
その代わり、彼女の怪しさは強さや陰のある魅力へと繋がりやすいので宇佐木の役はピッタリだろう。

映画も楽しみだ。出来れば観たいなぁ。

http://www.tv-asahi.co.jp/koshonin/


交渉人~THE NEGOTIATOR (朝日文庫)

交渉人~THE NEGOTIATOR (朝日文庫)

  • 作者: 稲元おさむ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2009/09/04
  • メディア: 文庫




交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]

交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • メディア: DVD




digi+KISHIN DVD 米倉涼子

digi+KISHIN DVD 米倉涼子

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




モンスターペアレントDVD-BOX

モンスターペアレントDVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



posted by アラクレ at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

STEEL BALL RUN 19巻を読んだ

遂にクライマックスに突入といった感じ。
Dioとホット・パンツが大統領を追い詰めるシーンは迫力の連続!
息も切らせぬ死闘が繰り広げられた。

SBRでは描写がリアルになった分、若干迫力に欠けるなぁと心の片隅では思っていたのだが……この巻にきて迫力にも溢れてきた。

Dioは大統領の弱点を知り、完璧な攻撃で迫っていたのだが・・・残念。
死んでしまうなんて。。。
飢えた生き方をするDioが好きだったのに。

ジャイロとジョニィも秘密を言い合って最後の決戦への覚悟を新たにするシーンが、なんとも言えず胸が熱くなる。そしてジョニィにちょっと引くw
まさかの・・・・××××フェチw

ジャイロの本名もなかなかスゴイが。。。
別の意味でも驚きだった。
シーザーってことは第二部のツェペリに通じるじゃん。
ジョニィはジョナサンだから第一部のジョジョ。

これは第八部への伏線なのか・・・それとも単なる読者サービス(第二部を知ってる人への)なのか・・・。

そして遂に揃った聖人の遺体。このまま大統領が手に入れて力を手にしてしまうのか。それともジョニィたちが手に入れるのか・・・?
クライマックスも期待大だが、そろそろ終わるとなると、自ずと気になるのは次の部だ。

荒木飛呂彦が「また杜王町の話をやりたい」と言っているという噂もあるので、四部のその後が描かれたりもするんだろうか。
それとも、SBRの世界での続きが描かれるんだろうか・・・?

どっちでも超期待!!



STEEL BALL RUN vol.19―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (19) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.19―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (19) (ジャンプコミックス)

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/11/04
  • メディア: コミック




STEEL BALL RUN vol.18―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.18―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/07/03
  • メディア: コミック




ジョジョの奇妙な冒険PART4 全12巻セット

ジョジョの奇妙な冒険PART4 全12巻セット

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 文庫




ジョジョの奇妙な冒険第5部10冊セット<30巻~39巻>

ジョジョの奇妙な冒険第5部10冊セット<30巻~39巻>

  • 作者: 荒木 飛呂彦
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/04/08
  • メディア: 文庫



posted by アラクレ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

マンガで読破「ユリシーズ」を読んだ

なんか分からんけど、すごく良い。

ストーリーなのか、キャラクターなのか、セリフなのか。

1904年6月16日のアイルランド、ダブリンの町の一日を描いた作品・・・というと平凡な気もしないではない。

主に、ディーダラスという文筆家の卵の視点と、妻に浮気をされる冴えない一般男性のブルームの視点から描かれるが、登場人物であるこの町の人間達が1904年、100年以上も前の人々とは思えないほど、現代に通じるものがある。

ディーダラスと友人たちの酒を飲みながらの会話など、今も昔も変わらないなと思う。(漫画化するに当たって、今っぽい感じにしたのかもしれないが)
男と女がいて、愛し合ったり、不倫があったり。
酒を飲んで騒いだり、自分の人生に思い悩んだり。
猥談を楽しんだり、哲学的な話で語り合ったり。
親の死を引きずっていたり、飲み友達の死を悲しんだり。

様々な日常的なことや出会いがあり、その中でディーダラスが自分の生きるべき道を歩き出す。
そんな1日が、とても心地よい。

自分にとってツボだったのか、何度も読んでしまう。
そんなマンガだ。ディーダラスの友人のマリガンがいい味出してる!w


ユリシーズ (まんがで読破)

ユリシーズ (まんがで読破)

  • 作者: ジョイス
  • 出版社/メーカー: イーストプレス
  • 発売日: 2009/04/28
  • メディア: 文庫




ユリシーズ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

ユリシーズ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

  • 作者: ジェイムズ ジョイス
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



posted by アラクレ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンガで読破「阿Q正伝」を読んだ

う〜ん。

風刺やパロディってのは、元ネタを知らないと楽しめないもんなんだよね。

この物語は昔の中国社会の風刺ということなので、中国の歴史を知らない俺にとっては「?」のつく内容だった。

ただ、同収録の「狂人日記」はちょっと面白かった。
これは現代にも通じる風刺だと思う。

阿Q正伝は、「Q=呆(Qに呆を代入)」で阿呆正伝が正しいのでは?と思った。それ程に、阿Qの阿呆加減には呆れた。

これが風刺だとすると、中国全体または中国政府が「阿Q」のようだと言いたかったのかもしれない。

負けても勝手な解釈で勝った事にする「精神勝利法」などは、愚の骨頂でもあるが、こういう考え方をする人は結構いるような気がするし、国レベルでみてもそういう国はいるような気がした。
昔の日本も「精神勝利法」を実践していた国だったのではないか。苦戦を強いられているにも関わらず、人民には都合のいい事を報じる。神の国だから負けないというような妄想を信じて。

もしかしたら、阿Q(阿呆)はいつの時代にも、どこにでもいる。
自分の負けや欠点、過ちを認められない者は阿Qなのかもしれない。


阿Q正伝 (まんがで読破)

阿Q正伝 (まんがで読破)

  • 作者: 魯 迅
  • 出版社/メーカー: イーストプレス
  • 発売日: 2009/03/31
  • メディア: 文庫




阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)

阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) (岩波文庫)

  • 作者: 魯 迅
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1981/01
  • メディア: 文庫




中国の歴史〈1〉 (講談社文庫―中国歴史シリーズ)

中国の歴史〈1〉 (講談社文庫―中国歴史シリーズ)

  • 作者: 陳 舜臣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1990/10
  • メディア: 文庫



posted by アラクレ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

野菜生活 Refresh!を飲んだ

通常の野菜生活はうまい。

ただし、クリアタイプってどうなの?

薄くてマズいんじゃ・・・?

そう思ったが飲んでみると、超うめぇ!
柑橘系の味しかしない!

だけど・・・

野菜入りのジュースの醍醐味って、普段不足しがちな食物繊維とかを摂れることじゃなかったっけ?

成分表示に食物繊維の記述がないんだけど。。。

スッキリ飲めるのはいいけど、成分的に野菜入れる意味があるのだろうか・・・?

そこんとこどーなのよ?と思った。


残り物を新鮮なまま保存!
ポリ袋をピタッと密封☆

野菜や果物の育苗・促成・抑制栽培に重宝!
菜園ハウス★

牛刀包丁は、お肉を切ったり野菜を切ったりとこれ1本でも十分お料理に活用できる包丁です。

posted by アラクレ at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

あたし勇者。をプレイしてみた。

ネットでちょっと話題の「あたし勇者。」。

http://latlonglab.yahoo.co.jp/macro/watch.rb?id=0876f034559c469f089e7f4737920f5c

道案内用ツールでRPGを作るという発想がすごい、みたいな。
しかも、超うけるんですけど、みたいな。

何がウケるって、この口調。
「あたし彼女」という携帯小説のパクリらしい。

プレイ時間は10分程度?
内容は濃くないので、さくっと出来る。
一度プレイする価値はあると思う!

ちなみに俺は二度目でクリア。
1度目は攻めすぎたら、やられた。

魔王との戦闘は地道にヒット&アウェイ戦法がいいみたい、みたいな。

とりあえず君もやってみて、みたいなw


>>プレイ後の方へ

「飲み込んで、あたしのエクスカリバー」って下ネタか!?w
作者は「我が家」並だなw


ラジコン、ゲームを超えた
本格的なシミュレーションマシン登場!

製造元:フルタ・食玩
キャラクター:阿見
商品選別の為、箱のトップの切り取り線を開けてます
そこをセロハンテープで閉じて..

レア品 任天堂 パノラマスクリーン ポパイ 1983年

posted by アラクレ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

銭ゲバ 最終回を観た。

ほぼ毎回観ていたドラマ。なかなか面白い内容だった。

最終回も良かった。

もし、風太郎や緑たちがほぼ平等な境遇だったら・・・というような物語が展開。
風太郎の死に際に見た幻想とも、緑が風太郎の死を待つ間の空想とも受け取れた。

その世界では風太郎の親父も仕事がうまくいっており、風太郎と親父も仲が良く、風太郎も健全な若者に成長する。
大学に見事合格し、顔に痣の無い茜と出会う。
風太郎は結婚したり仕事についたり、多少のつまづきを経験しながらも前を向いて生きている。
所々、今までのセリフが使われる演出がにくい。この台詞はあの時の・・・という楽しみ方ができた。

そして最期。

風太郎はやはり死んだ。緑と何らかの形で和解する・・・というのも期待していたが、やはり死ぬしかなかったかなとも思った。

もう一つの世界のほのぼのさから一変、最後のシーンで風太郎が画面に向かって、かなり強烈な台詞を吐いたのが印象的だった。
風太郎の形相が真に迫っていて、結構怖かったw

「銭ゲバ」はちょっと大袈裟ではあるものの、この世の中の本質を表した傑作ではないか?と思っていたのだが、世間的にはどうだったのだろう。
視聴率はそんなに高くないので、面白いと思ったのは少数派?
だとしたら、ちょっと残念だ。

「菊水ゴールド納豆」3本詰を2箱、この贅沢でゴージャスな納豆はよそでは買うことができません。

井草の香りがほのかに漂う 福招き掛け軸

自然界のエネルギーを結晶化した
奇跡の天然石がゴールドラッシュを呼ぶ!!

運気UPに一役買います!
光の力でCUTEに手招き

タグ:銭ゲバ 感想
posted by アラクレ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(1) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

プリングルス(ハニーローストチキン味)を食べた

プリングルスは時々買う。
特にオススメは「サワークリーム&オニオン」だ。

だが、期間限定の味もなかなかうまい!!

今回の「ハニーローストチキン」は俺的に大ヒット!!

うますぎるっっっ!!!

期間限定にするにはもったいねぇ!!


産地直送ジャガイモの人気ダントツ一番人気の「北あかり」

電子レンジで15分☆
ホクホクの焼きいもの出来上がり♪

posted by アラクレ at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

ガンダム00 2ndシーズン 第12話を観た

ついにルイスと沙慈が戦いの中で出会ってしまった。

オーライザーにより完成したツインドライブのパワーは、ガンダムを量子化させた。
その影響が人間にも超越した感覚を与えるのだろうか。

戦いの中、モビルスーツに乗ってお互いの姿が見えない筈の3人が、何かの力で意識を交わすことになった。

沙慈はガンダムに合体したオーライザーの中にいた。
敵対するアロウズのMSの中にはルイスが乗っていた。

ソレスタルビーイングとガンダムを憎むルイス、その仇と一緒にいるかつての恋人、沙慈と刹那が以前は隣家で暮らしていた偶然・・・。

それらはルイスに最悪の誤解を導いた。
愛から憎しみに変わる瞬間。

偶然と必然が絡み合い、誤解が生まれ、争いが生まれる。

ソレスタルビーイングとイノベイターの戦いの決着も気になるが、ルイスと沙慈の結末も気になる。

あと、ストーリーとは全然関係ないけど思ったことがある。
宇宙行きてーなー、と。
posted by アラクレ at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。